お知らせ

ご不要な段差解消機チェアーリフトをリユースのためのに買い引き受けを開始いたします。

ご不要な段差解消機チェアーリフトをリユースのためのに買い引き受けを開始いたします。 イメージ画像

アクルスではご不要になった段差解消機チェアーリフトを買い引き受けを開始いたします。

油圧で稼働する当社のチェアーリフトは耐久性が高く部品の劣化が少ないのでリユースが可能です。この度、ご不要になったチェアーリフトを買い取らせて頂くことを始めます。

引取り後、モーター、ポンプ、シリンダー、フレーム等の機能等を確かめたうえで手を加え正規部品にします。もちろん、リユースで製作したものとし表示をし販売価格にも反映させます。

段差解消機がご不要になった際は、機械内部の写真を撮って頂き当社にご一報ください。買取の金額をご提示いたします。(機械送り出しの送料はご負担ください。)

*2021年2月13日開始いたします。また、現在までリユースの販売実績はございません。

 

3R とは

3R は Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つのRの総称です。
Reduce(リデュース)は、製品をつくる時に使う資源の量を少なくすることや廃棄物の発生を少なくすること。耐久性の高い製品の提供や製品寿命延長のためのメンテナンス体制の工夫なども取組のひとつです。
Reuse(リユース)は、使用済製品やその部品等を繰り返し使用すること。その実現を可能とする製品の提供、修理・診断技術の開発、リマニュファクチャリングなども取組のひとつです。
Recycle(リサイクル)は、廃棄物等を原材料やエネルギー源として有効利用すること。その実現を可能とする製品設計、使用済製品の回収、リサイクル技術・装置の開発なども取組のひとつです。