Company

会社案内

会社案内 イメージ画像

Statement

Products With High Added Value In Various Fields

介護、農業、水産など
様々な分野において付加価値の高い製品を提供いたします。

社員と家族、および協力企業を含めた関係する人々が、希望に満ちた明るい未来を描くことができるよう、努力を重ねていきたいと思います。それと同時に、人々の健康および安全を第一に考え、地球環境保全活動、地域社会への貢献を積極的に推進していきます。

About

アクスルについて

Who owns the company

公益と持続可能性を追求した日本的経営の新たな姿

会社は誰のもの―。こんな古くて新しいテーマをめぐり、世界が揺れている。近年のグローバルスタンダードと言える米国発の「株主第一主義」が同国内で見直され始めているからだ。代わって企業は株主だけでなく、従業員、顧客、社会に広く貢献するべきだとする「ステークホルダー資本主義」が急速に支持を集める。脱・株主第一主義に対する日本企業のあるべき姿とは何か。持続可能性を重視した新たな「日本的経営」を模索したい。

異変が生じたのが2019年8月。米主要企業経営者で構成するビジネス・ラウンドテーブル(BRT)が、株主第一主義の修正を宣言、1997年に定めた「企業経営者は株主に対し最上位の責務を負う」という方針を事実上打ち消した。BRT宣言に署名したのはゼネラルモーターズやジョンソン・エンド・ジョンソンといった老舗メーカーのみならず、機関投資家のブラックロックなども含まれる。この“米国ショック”は世界に広がり、今年のダボス会議でも主要議題とされた。

日本企業はどう対応すべきか。もともと日本企業はマルチ・ステークホルダー資本主義を貫いてきた。古くから近江商人の経営哲学「買い手、売り手、世間の三方よし」が広く浸透しており、BRT宣言と「日本的経営」は共鳴する部分が多い。

今、わが国が取り組むべきは新しい時代の日本的経営モデルを確立し、世界に発信することだ。関西・中部・九州・北陸の経済連合会は19年に共同で意見書を公表した。「中長期的な企業価値向上を重視すべき」とし、短期の利益志向を助長する四半期開示義務づけを廃止、コーポレートガバナンス・コードの柔軟運用、経営指標に株主資本利益率(ROE)という単一指標のみを過度に重視すべきでない、などを盛り込んだ。

これらの提言は企業の持続可能性を十分意図した内容であり、日本企業が目指すべき方向性と合致したものとも言える。公益と持続可能性を追求した日本的経営の新たな姿を国全体で考えたい。

Greeting

ごあいさつ

Insatiable Challenge

「研究開発」と「ものづくり」への飽くなき挑戦

代表取締役社長 山内 祐二 画像
代表取締役社長山内 祐二

2010年に株式会社アクルスを設立以来、ニッチな分野でなく「トレンド分野を目指すべき!」と方向づけて進んでまいりました。リーマンショックの経験から大きな波を防ぐには立ち位置が重要、下流でなく上流で、従属的でなく主体的に、防げぬとも危機は前面で受ける。
皆様の恩恵によりメーカースタンスが整ってまいりました。これまでのご支援に深く感謝しております。

アクルスは、ここ東大阪から世界を見据え、研究開発とものづくりに常にチャレンジし続ける企業です。積極的にリスクを負い高いベネフィットを求め続ける、そこで蓄えられた「人」、「技術」、「社会とのつながり」を大事にし、成長と新分野への挑戦を持続することで、皆様から真に信頼される企業であり続けたいと思っています。
私たちを取り巻く環境は弱含むものが多く、その問題点を解決すべく事に当たり付加価値を創造し続け、力強く挑戦し、さらなる成長を確実なものにしていきたいと思います。

そのためには、それらを担う人が一番大事です。アクルスは人を大事にする企業です。社員と家族、および協力企業を含めた関係する人々が、希望に満ちた明るい未来を描くことができるよう、努力を重ねていきたいと思います。それと同時に、人々の健康および安全を第一に考え、地球環境保全活動、地域社会への貢献を積極的に推進していきます。
これからも皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

2016年4月

Information

会社概要

会社名 株式会社アクルス
所在地 〒578-0984
大阪府東大阪市菱江1丁目27-31
アクセスマップ
連絡先 TEL. 072-968-3800
FAX. 072-968-3811
設立 2010年2月18日
代表取締役社長 山内 祐二
業務内容 医療・介護器具製造販売
水産・農業関連器具製造販売
従業員 7名
沿革
2010年02月18日
大阪府東大阪市角田3丁目にて業務用照明器具のアッセンブリをベースに株式会社アクルスを設立。 合わせて、陸上養殖槽用殺菌装置の開発にあたる。
2010年02月
近畿一番星ベンチャークラブ入会。(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部
2010年06月
大阪府立大学植物工場研究センター コンソーシアムに参加。
2010年08月
大阪府東大阪市菱江1丁目27-31に会社移転。
2010年10月
オープンイノベーションのコーディネータに着任 (家庭用燃料電池/パナソニックと大阪ガス)(財)関西情報センター
2011年09月
奈良県生駒市暗峠に農地確保。
2011年11月
特許出願。発明名称・オゾン除菌装置(陸上養殖槽)
2011年11月
オープンイノベーションのコーディネータに着任
(家庭用燃料電池/パナソニックと大阪ガス)(財)関西情報センター
2013年08月
大阪府立大学と共同研究開始。
2013年09月
大阪府東大阪市菱江1丁目に実験用圃場確保。
2014年06月
大阪府立大学と共同研究開始。
2015年09月
大阪府立大学と共同研究開始。
2015年12月
特許取得。発明名称「オゾン除菌装置」特許第5854502号。
2016年04月
大阪府立大学と共同。特許出願。発明名称「根等の制限シート、制限システム」。
2017年02月
メディカルジャパンに車いす用段差解消機「チェアーリフトCL-300」出展
2017年10月
農業ワールドにトロピカルシート(旧山内シート)を出展
2020年8月
3Dプリンターを設備。スーパーエンプラ受託事業開始。
2020年9月
農業向け(水耕栽培用防アオコ資材)「ハピーシート」発売開始。
2020年9月
水産業向け(陸上生け簀用防菌・増酸素器具)「バブリーン」発売開始。
2020年9月
特許取得。発明名称「動植物の制限シート、植物の根の制限シート」特許第6760590号

Access

アクセス情報

所在地 〒578-0984
大阪府東大阪市菱江1丁目27-31
連絡先 TEL. 072-968-3800
FAX. 072-968-3811
アクセス 近鉄けいはんな線「吉田駅」より徒歩18分
近鉄奈良線「河内花園駅」より徒歩17分